西山事件

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • ファイル:Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西山事件」の項目を執筆しています。

西山事件(にしやまじけん、Nishiyama Incident)とは、フー族男性であった西山太吉(にしやまたきち、源氏名)が、ある外務省官僚既婚女性を対象に部族としての生業を行った結果、風営法違反で両者ともに逮捕された刑事事件である。

事件の経緯[編集 | hide | hide all]

発生[編集 | hide]

1971年、年度末の部族会議で生業を怠っていることを糾弾されていた太吉は、フー族としての名義で営業活動に勤しんでいた。

そのとき有力な顧客候補として浮上したのが先述した外務省官僚女性である。これほどの上物なら一族郎党に説明がつくと考えた太吉は、5月、彼女を食事に誘いそのまま風俗営業を施した。この際、太吉は料金を請求しなかったが、代わりに4日後の営業後、今後も無料で一連の営業行為を続けていく見返りに外務省の無かったこととされていた裏情報を提供してもらうことで合意した。白い粉売りのごとく代金として求める情報は日々価値の高いものとなっていき、遂には当時次世代技術であったベータマックスでの裏ビデオ撮影の要求へとエスカレートした。

しかし6月中旬のこと、たまたま営業行為を受ける間際を公安調査庁職員に目撃された。太吉は調査対象とは無関係な人物であり、事情を適当に説明すると返してもらえた。ただ、これ以上の密会はまずい―それ以前に密会すら不可能であると悟った二人は縁を切ることとなり、太吉はニューヨークへと一時的に活動拠点を移すこととなった。

なお、提供された情報は一族の生業の維持管理およびマーケティングによるサービス向上のため、内々に共有されることとなった。もちろん個人情報の保護は厳重に行っていた。

ファイル:Calling card of takichi, guys foo.jpg
押収された太吉の名刺。警視庁にて。

逮捕[編集 | hide]

翌年3月、社会党横路孝弘(現在民主党に所属)によって、琉球王国アメリカからの独立に対する政府裏金疑惑が取り上げられた。一体どこから情報が漏れたのか、あるいはどんな大物が関わっていたのかと外務省内部では疑心暗鬼に陥った。

4月、自身の昇進祝いも兼ねた新年度立食パーティーで酔いつぶれた官僚女性は、うっかりと太吉のフー族としての名刺を落としてしまう。和やかな雰囲気であったパーティーは一転して殺伐としたものとなり、その日のうちに女性は検挙された。翌日、帰国していた西山太吉も逮捕された。

女性の方は酔いも醒めていなかったので「私は騙された」と号泣し、かなり大っぴらに証言を行った。無論、あの公安調査庁職員[1]に「騙された」のである。一方太吉も事実に即して淡々と証言を行った。ただ、源氏名を名乗ることを貫いた太吉は同姓同名毎日新聞記者として捉えられ、ここで変態醜聞を恐れた外務省の圧力によって、本件は情報漏洩事件として扱われるようになった。

真相の発覚[編集 | hide]

一方の毎日新聞では、同姓同名の西山太吉と名乗る男が逮捕されたことに困惑したが、すぐさま逮捕翌日より知る権利キャンペーンなるものを展開した。知る権利を使えば彼がフー族であることもわかるよという一種の挑発であると考えられているが、無関係の別人であると遠回しに訴えたことこそが真意である。そんなことをする位ならはっきり潔白を証明すればいいのに[2]

1週間後の4月13日、製品化に向けて研究開発を重ねていたソニーの技術者が、サードパーティーによって撮影されたベータによるテストテープの中に太吉と外務省官僚による裏ビデオがあることを発見、すぐに警察通報した。しかし警察側は意味が分からず門前払いされた。続いて裁判所へ報告したものの、彼らは警察以上に事の意味が分からず、2日後発行された起訴状には「情事を重ねて」という下りだけが追加された。

その後の反響[編集 | hide]

毎日新聞記者西山がフー族であるという虚構週刊誌によって大々的に報じられた。2008年現在と同様に「変態」として鬼女を中心に不買運動が沸き起こった。また、フー族共同体からも部族の鉄の掟である三さる(見ざる、言わざる、着飾る[3])を破ったとして非難が沸き起こり、太吉は部族一門より絶縁を突きつけられた。彼ら彼女らの反応により逮捕から3年後、毎日新聞は資金繰りが悪化し、会社更正法適用となった。

では何故会社更正法で済んだのか?それは本件とは少し異なった世論が何者かによってまた沸き起こったためである。それこそが、従軍慰安婦問題であり、ジェンダーフリーであり、そしてフー族を含むマイノリティの保護である。

注記[編集 | hide]

  1. ^ 彼こそが元公安調査庁長官である緒方重威氏であるという憶測は、現在銀座界隈で定説となっている。
  2. ^ 実際の所毎日新聞はこれを徹底的に利用している。記者の方の西山を無国籍とした上で「カミヤママスオ」をはじめとする様々な名義を名乗らせ、様々な活動へ取り組ませている。
  3. ^ 2000年頃田代まさしによって明らかにされた概念で、使用にあたってはライセンス料500円が必要である。しかしインターネット上での利用ではTIME誌のパーソン・オブ・ザ・イヤー選出にあたる報酬と相殺され、自由に用いることができる。

関連項目[編集 | hide]