求人募集 業種 ― 林業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
Jump to navigation Jump to search
  • 自然の中で体を動かす、誰にでもできる簡単なお仕事です。
  • やる気のある方、体力に自信のある方歓迎します。

仕事内容の紹介[編集 | hide | hide all]

林業は自然の中での仕事です。都会でストレスを感じているあなた、四季を感じながらのびのびと山とふれあいませんか。山では素敵なお仕事があなたを待っています。

植栽[編集 | hide]

春は植栽(しょくさい)の季節です。以前刈り上げた禿山に緑をもたらす素敵な仕事です。鍬と苗をしっかり抱え、傾斜20〜40°程度の斜面を登るその姿はまさに山男!不安定な足場もものともせず、必死に石をどけながら穴を掘るあなたをじっと見つめる親方の視線は、まるでガラスを割った悪ガキをにらむ頑固親父のようですよ。ほらほら、よそ見をしていると滑って転んでしまいますよ。ああ、それでは苗の間隔が近すぎますね。もっと深く掘らないと根が張らないよ。きちんと土かぶせてやれよ。それじゃ間隔遠すぎだろうが。これじゃ日ぃ暮れちまうぞおいよお。お前あと30本な。じゃ俺先に戻ってっから。

下草刈[編集 | hide]

植栽が終わると、下草刈りが始まります。春から夏にかけ、雑草雑木の活力が増す時期です。大事に植えた大事な苗が回りの雑草で光をさえぎられたり、フジやアケビの蔓に絞め殺されないよう、刈払機でがむしゃらに刈り取りましょう。杉苗は刈るんじゃねえぞ。夏真っ盛り。まだまだ苗の樹高も低いですね。あなたに日陰を提供してはくれません。逆に男の背中で苗に日陰を作ってやろうというくらいの意気込みで頑張りましょう。飲用水は5リットルもかついでいけば、熱中症にも十分耐え切れるでしょう。刈払機に燃料、鉈、飲用水は最低限の装備ですがたったの15kg程度ですから、体力の有り余っているあなたには天の羽衣をまとっているようなものですね。

伐採[編集 | hide]

ファイル:400px-ChainSaw Majini.jpg
見るもワイルドな山男

秋から冬にかけては樹木の成長も落ち着き、材に含まれる水分が減るため、材も痛まず、運搬・製材にかかるコストも少なくて済みます。この時期は林業従事者にとって最もやりがいのある伐採がメインの作業となります。どんなに足場が悪かろうと、安全退避方向を確保できなかろうと、かかり木(倒した木が隣の立木にもたれかかること)だろうと枯れ木だろうと、切らなきゃ仕事になりません。このくらいでびびっているただ飯喰らいの穀潰しのあなたではありませんね。振り返らず何も考えずただひたすらチェーンソウを振り回しましょう。

地拵え[編集 | hide]

しかし残念ながら近年では材価が下がり、山主さんが木を売ろうとしないので、地域によっては伐倒作業が皆無の場合があります。そんなあなたにも、まだまだ山の懐は深いのですよ。冬場に大事なもうひとつの作業は地拵え(じごしらえ)です。春の植栽に合わせて、邪魔になりそうな枝や潅木やツル植物などを力任せにどかす簡単な作業です。伐倒の際に落ちたこれらの障害物は莫大な量ですが、体力に自身のあるあなたには全く問題ありません。そこらへんに落ちている手ごろな棒を使って、湯掻きの要領で斜面の下に転がしてやりましょう。無計画に投げ落とさずにきちんと一箇所にまとめておかないと、植栽のときに苦労するのはいうまでもありませんね。

その他のお仕事[編集 | hide]

残念ながら伐倒作業がないところには植栽作業は発生しません。植栽がないと、地拵えの需要も少なくなっていきます。また材価の値下がりから切りっぱなしで植えないことを選択なさる山主さんも最近では沢山いらっしゃいます。そのような山主さんの多い地域のあなたはのんびりとできます。おとなしくチェーンソウの目立てでもしていましょう。山の仕事がないときにも、国道沿いの歩道の草刈、高速道路沿いの草刈、公園の草刈など自然を満喫できるお仕事が目白押しですよ。雪の深い地域では、雪かきやスキー場の管理というアルバイトもありますので、収入の心配は一切ありません。胸いっぱいに四季を吸い込んで、思う存分体を動かしましょう。

自然とのかかわり[編集 | hide]

排ガスと人ごみの渦を掻き分けながら都会のストレスにまいっているあなた、豊かな緑と動物に囲まれた生活を送ってみたくはありませんか?林業は、最も多くの動植物に囲まれた職業といっても過言ではありません。残念ながら針葉樹人工林が主な職場であるため、鹿やカモシカ、リス、カワセミなどに遭遇することは極めて稀かもしれません。まずあなたが山に入って出会うのは、息を呑むほどにたくさんの蚊とブヨの歓迎です。山への素敵なウェルカムパーティを盛大に開いてもらったあなたの足元には、地蜂の巣が。あなたのダンスステップに刺激された地蜂たちは、宴を更に盛り上げてくれることでしょう。マムシやムカデも、あなたの自宅まで迎えに来てくれるかもしれませんね。

熊や猪は、場合によっては大変危険です。決して近寄らないようにし、保健所を通して近くの猟友会の方に連絡をとり、駆除を依頼しましょう。猟友会の方も、場合によっては大変危険です。決して近寄らないようにし、念のため不審人物として通報しておきましょう。

皆伐(かいばつ)の後の禿げ山や、植栽直後の日照量の多いところではタラの木が大量発生しています。天ぷらがおいしそうですって?その前に刈り込みましょう。繁殖力だけバカみたく強く、イガイガの棘であなたを攻撃してきますよ。タラ・フジ・アケビは林業にとって大敵です。全力で殲滅しましょう。生物多様性は効率的生産の大きな障害ですからね。

給与・待遇[編集 | hide]

給与[編集 | hide]

給与は安心の日給月給制。最低賃金保障付!金遣いの荒いあなたも、日銭をギャンブルですってしまうようなことは少なくなるかもしれません。10〜30万円程の自前のチェーンソウや刈払機を用意すれば、機械手当てとして一日500円くらいは上乗せしてもらえるかもしれません。班長になれば日当1000円くらいはあがるかもしれません。遠い未来のことなどわかりません。望むかたちが決まればつまりません。

勤務形態[編集 | hide]

地域や季節にもよりますが、7時から5時まで勤務が一般的です。天候の悪い日は給料にはなりませんがお休みです。給料は入りませんが、梅雨時などはのんびりとお過ごしいただけます。また基本的に日の出ている時間帯の勤務ですので、残業はまずできませんありません。

社会保障[編集 | hide]

「年金?退職金積み立て?そんなのむだだろ!そんなことに金かけるくらいなら手取り増やせ!」そんなあなたのために、林業のほとんどの事業体では、これらの社会保障を自分で選んでかけることができます。自己責任が徹底していて、保守的で閉鎖的と言われてきた山村社会にも近代化が進んでいることが伺えますね。

安全性[編集 | hide]

安全さは指折りつきです。労災保険率は通常の0.3%に対し、林業は6%です[1]。ダム建設の10.3%、金属鉱業の8.7%などと比べて驚くほど低いですね。もっとも、ダム建設や金属鉱業のほうがお給料はいいのですが、安全には変えられません。お給料の安さも、安全とのトレードオフだと思えば心にゆとりを持って生活が出来ますよ。普段の仕事の中で、滑落したり、猟友会に誤射されたり、伐倒木に巻き込まれたり、ユンボに跳ね飛ばされたり、猟友会に誤射されたり、白蝋病にかかったり、ハチに刺されてアナフィラキシーショックを起こしたり、熊に襲われたり、外れた架線に巻き込まれたり、猟友会に誤射されたり、猟友会に誤射されたり、係り木処理を誤ったり、伐倒方向を誤ったり、猟友会に誤射されたり、隣の人の刈払機のキックバックに巻き込まれたり、製材機に巻き込まれたり、猟友会に誤射されたり、日射病になったり、チェーンソウのキックバックを起こしたり、製材機に巻き込まれたり、腰痛を起こしたり、猟友会に誤射されたり、マムシやムカデにかまれたり、混合ガソリンが尿道にかかったり、猟友会に誤射されたりすることに気をつけさえすれば、あなたは健康な山男となれます。

では今日も「ゼロ災で行こう!よし!!」

必要な資格[編集 | hide]

普通自動車免許(AT限定不可)
険しい林道を掻き分け、マイカーで職場までたどり着く程度の運転技術が必要です。また、積載重量200%以上の4tトラックで、捕まらずに目的にたどり着く技術と度胸がある方を優遇します。
体力
半日間山の中を走り回り続けられる方
雨にも風にも負けない方
一日少しのパンとミルクだけで茅葺屋根まで届く電波を受けながら暮らせる方
多少の怪我をしても各自治体の森林組合連合会などに連絡せず自力回復できる方
その他
花粉症で無いことが望ましいが、大気汚染から開放されて逆に直ったという例も報告されております。 
鈴の音で追い払うことが可能なので、素手で熊を倒せる必要はありません。

職場の雰囲気[編集 | hide]

アットホームな雰囲気で、気兼ねなく相談できます。例えば猟銃をXXXXXしたりガソリンをXXXXXったり隣のじいちゃんにXXXXXることも、先輩に聞くことによって容易に達成できます。山男たるもの、XXXXXくらいできないと様になりませんものね。

田舎暮らし[編集 | hide]

最近では電話回線も引かれるようになり、ほぼすべての山村でダイヤルアップ回線の契約が可能です。またコンビニエンスストアなども増えてきているようで、軽トラックで1時間以内にコンビニにたどり着ける地域も稀ではありません。近隣には必ずといっていいほど呑んだくれのじじいの方がいらっしゃいます。共に杯を傾け管を巻いていると、なんとも不思議な絶望感を味わうことが出来ます。


ここでご紹介したのは、林業の魅力のほんの一部でありまして、ここで紹介するには紙面がいくらあっても足りません。ぜひとも現場での空気を感じていただきたいと思います。やる気のある方を募集いたします。

その他求人[編集 | hide]

阿部ちゃん
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2010年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
この受賞に阿部ちゃんも思わず興奮。

注意:このページはまだ翻訳が終わっていません。UN:LANGに基づき、アイヌ語と琉球語を書いてくださる方を随時募集しております。