映像コンテンツ倫理連絡会議

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「映像コンテンツ倫理連絡会議」の項目を執筆しています。

映像コンテンツ倫理連絡会議(えいぞう - りんりれんらくかいぎ)は、日本における親権者への親権の一部停止を行える機関である。実行部隊として警察自衛隊経験者を中心とした捜査班を編成している。また逮捕権を持ち、違反者に対しては銃殺も許可されている。

概要

同機関は同問題が早くから起こっていたアメリカでのパターンを元に、間抜けな親達が子供の教育をスムーズに行えるようにするために両親の権利のうち、子供に対して適正な映像やコンテンツをはじめとする様々なものを取捨選択し与える権利を凍結し、国家の都合で決めたレーティングを親に強制するものである。

これは80年代に入り情報の氾濫と両親の質の低下が問いただされ、親が子供に適正なコンテンツを与えられなくなった事情から政府が強権を発動し様々な権限を親権者から奪ったものが起源とされる。現在ではこれが拡大解釈され、様々なコンテンツに対して適用される。これは国家として国民に与えるにふさわしくないものはすべて対象とされる。違反した場合、親は検察に呼び出された上ですべての親権停止と罰金刑、子供は親と隔離され全国の離島や僻地にある幼年矯正施設に収監され国家への忠誠心などを厳しく再教育される。

一部左翼団体からは「国家の倫理観を家庭に押し付けたものだ」「全体主義への悪しき回帰である」として厳しく指摘されている。

各下部組織

映倫管理委員会(映倫)

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「映倫管理委員会」の項目を執筆しています。

映画を取り締まり対象とする組織である。高倉健に憧れ暴力団組員に加入する若者が増え、社会問題となったため設立された。警視庁はこれを管理能力のない親の責任と見て、同組織を樹立し、子供の見てよい映画と大人の見てよい映画を分けるにいたった。

規制の対象としては、前述のヤクザ映画のほかに国家に対しての反乱をテーマとする(と政府が考える)映画が対象となり、「THE MATRIX」や「リベリオン(ガン=カタ)」などは厳しく規制されている。また将来社会の歯車として働かない男をテーマとして扱うため「釣りバカ日誌」や「男はつらいよ」なども有害として規制を検討されている。

日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本ビデオ倫理協会」の項目を執筆しています。

アダルトビデオを扱う組織である。近年取り締まり基準を緩和した(モザイクのマス目の大きさを、縦横それぞれ1/2にしたなど)ため、警察ともめている。なおDVD-Videoはビデ倫と下記のソフ倫の両機関が審査するため、ダブルスタンダードである。

コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コンピュータソフトウェア倫理機構」の項目を執筆しています。

主にエロゲを扱う組織である。本来、性を扱う情報は国家にとって人口の増加というありがたい側面をもち、特に少子化問題を抱える日本では比較的寛容であった。しかし様々な種類の性コンテンツが存在する中で、現実にはありえない性交渉が実在すると考える若者や若年夫婦が増加してしまい問題となった。政府でも「東大卒の秀才カップルが子供の作り方を知らなかった」などの報告があがる中、これらの規制に踏み切る決断にいたった模様である。

この中で規制されるものは主に現実的でない性交渉を扱ったものである。触手が介在する成人向けゲームソフトなどは真っ先に規制対象となった。本来子供を産めない小児性愛に関するコンテンツは少子化問題の改善に繋がらないため大幅に規制されており、近親相姦を扱ったものや同性愛を扱ったものもこれに準じた扱いを受けている。

近年では人形に対する愛情を扱ったローゼンメイデンも規制にあがったが、麻生太郎氏の根回しと性を扱ったものではないという理由から規制を免れている。

コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)

コンピューターゲームを扱う組織である。コンピューターゲームの増加によりその影響を見過ごせないとして規制に踏み切ったものである。国家に対してふさわしくないゲームに対して苛烈な規制を加えることで有名である。

例えば、スペランカーは主人公があまりに病弱であるため、将来国家に対して満足に働けないであろうことがカッコイイと考えられることが危惧され、規制第一号に指定された。いっきは明らかに国家に対する反乱を扱ったものであるため、所持するだけで拘束される。たけしの挑戦状についても議論の結果「社長を殴るという選択肢は社会に対する反逆である」として規制対象となっている。

関連事項

注意:このページはまだ翻訳が終わっていません。UN:LANGに基づき、アイヌ語と琉球語を書いてくださる方を随時募集しております。