文体練習

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
Jump to navigation Jump to search
ひよこ陛下
秀逸な記事

Featured.png

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
ちょっと待っててね…ファイル:Loading bar blue.gif
この項目「文体練習」は、執筆者が編集しすぎて大変重くなっています。表示されるまで少し時間がかかりますが、カップラーメンでも食べながら気長にお待ち下さい。

文体練習』(ぶんたいれんしゅう)はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述する。

[編集]

文体練習/表現法

[編集]

文体練習/一般常識

[編集]

文体練習/人物

[編集]

文体練習/作品

[編集]

文体練習/インターネット

[編集]

文体練習/カオス

関連項目[編集 | hide | hide all]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文体練習」の項目を執筆しています。
流行記事大賞 銀賞受賞記事

この記事は2009年流行記事大賞にて銀賞を受賞しました。
この賞は神人ぐらいの神通力があるかもしれません。

注意:このページはまだ翻訳が終わっていません。UN:LANGに基づき、アイヌ語と琉球語を書いてくださる方を随時募集しております。