スター・ウォーズのオープニングロール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

<css>

h2{ color:yellow; } div#bodyContent{ min-width:850px; background-color:#000; } div#bodyContent .starwars a {color:#E8CB02 !important;} .starwars { position: absolute; width: 18em; height: 50em; bottom: 0; left: 50%; margin-left: -9em; margin-bottom: 34px; font-size: 350%; font-weight: bold; text-align: justify; overflow: hidden; -webkit-transform-origin: 50% 100%; -moz-transform-origin: 50% 100%; -ms-transform-origin: 50% 100%; -o-transform-origin: 50% 100%; transform-origin: 50% 100%; -webkit-transform: perspective(300px) rotateX(25deg); -moz-transform: perspective(300px) rotateX(25deg); -ms-transform: perspective(300px) rotateX(25deg); -o-transform: perspective(300px) rotateX(25deg); transform: perspective(300px) rotateX(25deg); } .starwars:after { position: absolute; content: ' '; left: 0; right: 0; top: 0; bottom: 60%; background-image: -webkit-linear-gradient(top, rgba(0,0,0,1) 0%, transparent 100%); background-image: -moz-linear-gradient(top, rgba(0,0,0,1) 0%, transparent 100%); background-image: -ms-linear-gradient(top, rgba(0,0,0,1) 0%, transparent 100%); background-image: -o-linear-gradient(top, rgba(0,0,0,1) 0%, transparent 100%); background-image: linear-gradient(top, rgba(0,0,0,1) 0%, transparent 100%); pointer-events: none; } .starwarsContent { position: absolute; top: 100%; animation: scroll 100s linear 0s infinite; } @-webkit-keyframes scroll { 0% { top: 100%; } 100% { top: -170%; } } @-moz-keyframes scroll { 0% { top: 100%; } 100% { top: -170%; } } @-ms-keyframes scroll { 0% { top: 100%; } 100% { top: -170%; } } @-o-keyframes scroll { 0% { top: 100%; } 100% { top: -170%; } } @keyframes scroll { 0% { top: 100%; } 100% { top: -170%; } } @keyframes scroll { 0% { top: 100%; } 100% { top: -170%; } } </css>






















スター・ウォーズのオープニングロールとはスター・ウォーズシリーズで流される駄文である。文字が傾斜していて読みづらく、ファンファーレに気を取られてしまうため、一部の映画オタクを除いてその内容は誰も気にしない

歴史

かねてジョージ・ルーカスは作品中に駄文を流すことを望んでおり、関係者に「駄文を流したい」と事あるごとに語っていた。

そこでシリーズ作として構想されていた本作に「あらすじ」と称して駄文をねじ込むことによりその願いを実現させた。1977年に米国で公開された直後には「初見殺しの駄文」として映画評論家から評価された。

ルーカスが用いた技法は1940年代の映画で字幕を流すときに使われたものでたいへん手間がかかるものであるが、今ではCSSを使って誰でも簡単にウェブサイト上で再現できるようになった。

ただし、文字を詰め込み過ぎると鑑賞者の眠りを誘うので再現時には注意が必要である。

影響

本編が始まる前に延々と駄文を読ませる作品はそれまで存在しなかったため、映画史の中でも特筆されている。

また「冒頭で設定羅列の小説」を書くアマチュア小説家の半分はこのオープニングロールに影響を受けているとされる。なお、この手の文章を書く未成年者は放置すると高い確率で暗黒面へ堕ちるので発見した場合は早期の治療が必要である...

流行記事大賞 金賞受賞記事

この記事は2015年流行記事大賞にて金賞を受賞しました。
この記事は偉大なる将軍様のように尊敬されるでしょう。

}
注意:このページはまだ翻訳が終わっていません。UN:LANGに基づき、アイヌ語と琉球語を書いてくださる方を随時募集しております。